• ホーム
  • 自分の肌タイプは何?肌に合った化粧水の選び方は?

自分の肌タイプは何?肌に合った化粧水の選び方は?

日常的に行うスキンケアだからこそ、自分に合った成分やアイテムを選ぶべきです。
肌タイプは乾燥肌、脂性肌、混合肌と普通肌の4タイプに大きく分けられます。
化粧水やクレンジングなどのスキンケアは、それぞれの肌タイプに合わせた選び方によってより効果を発揮するのです。

自分のお肌はどのタイプなのか、それを知るために各肌タイプの特徴を確認してみましょう。
チェックするのはお肌自体の保湿能力と肌表面の脂質量で、保湿能力が高ければしっとりとしていてみずみずしいお肌、脂質量が適正であればテカりやベタつきもなくカサカサしているわけでもない健常なお肌です。

乾燥肌では保湿能力が低く表面の脂質量も足りないので、カサつきがちで乾燥からくる肌荒れも目立ちます。
こうした水分量も油分量も足りていない状態では、お肌のターンオーバーが難しくなり、いわばお肌の栄養失調状態と言えます。
敏感肌の方にも多いのがこの乾燥肌で、ドライスキンとも言われます。

オイリースキンとも言われる脂性肌は、乾燥肌と正反対の状態です。
保湿能力は高いと言えますが、脂質量が過多でテカりやベタつきが気になり、全体的に脂っぽい印象になります。
メイクをした際にファンデーションなどがヨレやすいというお悩みも多いことでしょう。

混合肌はドライ・オイリーが併発したような肌をいいます。
混合肌では部分的にドライまたはオイリーになっている状態で、例えばTゾーンはテカるのに頬はカサつくというケースがあります。
混合肌と似ているのがインナードライで、こちらは肌内部の水分量が足りていないために皮脂を過剰に出すことで補おうとするために起こる状態です。
インナードライでは肌表面はベタつき、内部では乾燥していることになります。
混合肌では、水分は足りていて油分が過剰な部分と、水分と油分が足りていない部分がある状態です。

普通肌はしっとりみずみずしく、脂っぽくもない理想的な肌状態のことです。
スキンケアをしていく中で、目指すべきはこうした水分と油分のバランスが適正な普通肌でしょう。

肌タイプ別:化粧水の選び方

各肌タイプごとの化粧水やクレンジングの選び方として、まず乾燥肌にはもちろん乾燥対策が優先されます。
クレンジングは洗浄能力が強すぎるものだと、メイクや汚れと一緒に水分や油分まで余分に流されてしまいます。
クレンジング後につっぱる感じがあるのはこのためで、どうしても強い洗浄が必要な場合はクレンジング後すみやかに化粧水などで肌への給水と保湿を行いましょう。
そこまで強くクレンジングする必要がないのなら、比較的肌あたりがマイルドなジェルやミルクタイプのクレンジングを選びます。
化粧水ではとにかく水分の足りていない肌への給水を目指し、乳液やクリームと合わせてきちんと段階を踏んだ保湿を心掛けましょう。

脂性肌では、過剰に分泌される脂質を取り除き抑えることを目標にします。
お肌に必要な水分や油分は残しつつも、オイルタイプなどのきちんと洗浄するクレンジングで日々ケアしていきましょう。
化粧水は保湿成分よりも使用感がさっぱりするような効果を活用し、脂質量を抑えます。

混合肌の場合は、化粧水はノーマルな成分や効果を選びます。
その化粧水と併用して、乾燥が気になる部分にピンポイントで対策すると良いでしょう。
脂性肌的に脂質量が気になる部分があっても、そこに合わせて脂性肌用の化粧水を使用しては、乾燥している部分が悪化する場合があります。
テカりやベタつきが気になる部分には、クレンジングを丁寧にして化粧水を少なめに塗るとよいでしょう。

普通肌はベストなバランスを保っているので、あまり過剰なスキンケアをする必要はないと言えます。
ノーマルなクレンジングや化粧水のシンプルなケアで充分です。
何かトラブルなどのお肌の変化があっても気が付きやすいので、随時変化に対応していきましょう。